« 揺れた・・・地震 | トップページ | 「 Avengers(アベンジャーズ)」初のトレイラー »

2011/10/11

「猿の惑星・創世記」鑑賞

土曜の夜に「猿の惑星・創世記」を鑑賞

予想外と言うか、予想以上の出来の良さでした、

旧作で言えば「猿の惑星・征服」のリメイクですな。

アルツハイマー新薬の為の実験動物の母親から生まれたのが「シーザー」

新薬の影響で人並みに知能が発達していき

少しずつ自我に目覚め、自分の存在に疑問をもつように・・・

動物の保護施設でもう家に帰れないと自覚してからの展開が非常に面白い

この辺りが『失意から決意に』に変わる過程が描かれております

保護施設でリーダーになり、研究所で仲間を開放して、動物園にも突撃!

自由を求めて森に向かいます。

仲間のゴリラ・・・カッコイイよ、泣かせるぜ。

ネット上でも評判もよくて、誰と観ても問題のない 人に進められる映画です。

 

↓メイキング映像

いくら知能が人並みと言えども どうして猿の世界になったのかが疑問でしたが

新薬の副作用は人のみに表れ それにより人間が壊滅的な被害を・・・

この辺りは エンドロールに表現されてましたので 慌てて席を立たないように。

↓撮影風景等々、英語です

|

« 揺れた・・・地震 | トップページ | 「 Avengers(アベンジャーズ)」初のトレイラー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191007/52966579

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿の惑星・創世記」鑑賞:

« 揺れた・・・地震 | トップページ | 「 Avengers(アベンジャーズ)」初のトレイラー »